スタートSEO

テキスト変更でのSEO

SEOをする時には、タイトルやタグ、リンクといった部分を修正したり追加してサイト内部の最適化を行いますが、これ以外にもテキストを変更してSEOを行うという方法があります。

しかし普通に聞くとテキストはSEOを行う前から入っていますし、例えば商品の説明などがすでに入っている場合などには、これ以上説明することもないし、適当な事を書いてたらキーワードやタイトルなどと全く関係の無いモノになってしまって逆に良くないの出はないかと思ってしまいそうですが、このテキストにも考え方や評価されやすい方法があるのです。

このページでは、サイトの文章の部分であるテキストについて見ていきましょう。

テキストを考える

SEOをおこなう時にサイトの中の文章のテキスト部分も重要になってきます。

これはタイトルや見出しが重要というのは、何となく分かりますが、これらが正しく使用されているかといった場合には、やはりテキストも見ながら検索エンジンが判断していると思われるからです。

では検索エンジンは、どういった部分でテキストを見ているのでしょうか?

キーワード出現率

自分のサイトに設定しているキーワードに関係するようにテキストを入れていると思いますが、検索エンジン自体は、文章の内容を理解している訳では無くて、その文章の中にある単語を一つずつ区切って、単語がそれぞれどのくらい入っているのか、といった事を見ています。

そしてページ全体のテキストから各単語が何%入っているのかを見ます。

つまりキーワードの単語が上位にきていれば、そのページで沢山使われているということになります。

近接率

テキスト中の各キーワードの位置についても検索エンジンは意識している場合があるようです。

これはキーワード同士が近ければ、それだけ文章として重要な内容といった具合に評価が高くなる場合もあるのです。

これは、テキストだけでは無く、タイトルや見出しといった部分にも応用することができるので、サイトを製作する場合やSEOをおこなう際に意識しておくと良いでしょう。

突出率

この突出度は、ページの中で特定のキーワードがどのくらいの重要度なのかを見るもので、ホームページのどこに配置されているかを判断しているようです。

これはHTMLのソースの上部にあるとそれだけ重要度も高くなるとされています。

テキストをどう書くか

上でどういった部分で検索エンジンがテキストを評価しているかを見てきましたが、SEOをスタートさせる際に、上の方法だけを実践すれば良いという訳でもありません。

例えば出現率でキーワードを操作できるからといって、過度にキーワードを入れるとスパムとして扱われる事がありますし、かといって極端に少なければ、ページ内のテキストとキーワードが一致しない何て事になってしまうかもしれません。

なにより検索エンジンよりも、サイトを見ている人にとってあまり意味のあるページでは無くなっている可能性もあります。

ですのでテーマやキーワードを頭に入れつつ、あまり意識しすぎない文章を心がける事で、自然なテキストになるのでは無いかと思います。

ページTOPへ