スタートSEO

サイトを構成する大切なタグ

タグという言葉を聞いた事があるでしょうか?ホームページとは切っても切れない深い関わりがありますが、普通にインターネットを使っていると目にすることがない部分でもあります。しかしSEOをする時にこの部分を触る機会が沢山出てきます。

そんなタグとはいったいどういったモノなのか、評価されるものはどんなものか、このページで紹介していきます。

タグって?

ホームページを作った事がある人ならわかるかと思いますが、サイトを作る時には、タグと呼ばれる、モノを使用してサイトを構成していきます。

このタグというのは<html>や<body>といったモノでこれら一つ一つに意味があり、このタグの組み合わせでホームページができています。

SEOで内部対策としてソースを綺麗にするといった場合などもこのタグを追加したり変更・作事したりといった事をしていきます。

そんなタグですが、評価されやすいタグとはいったいどういう事なのでしょうか。

これは検索エンジンのクローラーが巡回してきた時にサイトの中身(ソース)を見たときに評価されやすいタグを使用しているかという事です。

改めて自分のサイトを見てみると、以外に無駄なモノや適当ではない所で違うタグを使っていたりする場合もありますので、一度チェックしてみると良いかもしれません。

では実際にSEOで使える評価されやすいタグにはどういったモノがあるのか見てきましょう。

評価されやすいタグ

<h1>〜<h6>

これは見出しのタグです。<h1>〜<h6>と書いてありますが、正しくは<h1><h2><h3><h4><h5><h6>という風にそれぞれにランクがあります。<h1>が一番の大見出しで数字が大きくなるにつれて見出しの重要度が薄れていきます。

これらは順番よく使うようにします。これらにキーワードなどを絡めていくのもSEOでは有効だと言われています。

<p>

見出しや強調文字などの下にある段落の意味でテキスト部分などを<p></p>で囲むのです。この<p>タグを使用するのも結構SEOではよく聞きます。

検索エンジンのクローラーの評価が高いというよりもサイトにSEOをしてみると<p></p>ではなくて、<br />が連続して入っていて文章と文章の間のスペースを開けていたなんて事です。

これはキチンとした理由があって、<p>は段落ですが、<br />は改行という意味なので、正しく使っていないとクローラーの評価にも影響があるという事なんですね。

この他にも色々なタグがあります。そういったモノをキチンと使う事で評価は高くなると思います。こうすることでページごとの文章の重要度が文章を読まなくても分かるようになっていてこれをクローラーが判断しているのでは、と感じます。

また内部SEOとして、<br />が並んでいる時には削除したり、記述が長くなるようなモノは外部CSSに置き換えるといった方法もあります。

こういったサイト内の細かい事にも注意すれば、息の長いSEOが可能になるかと思います。

ページTOPへ