スタートSEO

スパム

SEOをする際に気を付けておかなければならない事にスパムという言葉があります。

サイトの順位を上げるために行うSEOですが、注意しておかないととんでもない事になってしまったりするのです。

そんなスパムとはどういったモノなのかこのページで見ていきます。

スパムとは何か

ではSEOで特に注意しなければならないスパムとはいったいどういうものなのでしょうか。これはメールなどでよく聞くスパムメールといったモノの検索エンジンバージョンとでも言いましょうか、SEOを行う時に過度にやりすぎたり、サイト利用者の事は考えずに順位を上げるためだけに行われる行為の事です。

別に良いジャンと思いますか?

でもスパムを行って上位表示されてしまうという方法が普通になってしまうと、検索エンジンで調べたい事があっても、出てきた検索結果がその調べたいことと全く違うモノになってくる可能性が大きくなります。

「ラーメン 美味しい」で検索しているのに、全く関係のない「レストラン」や「料理の本」なんて検索結果ばかりが出てきてしまったら、だれも検索エンジンで検索しなくなりますよね。

そんなスパムですが、もしやってしまっていたらすぐに修正するべきです!このスパム行為にはとんでもないペナルティーがあるからなんです。

スパムのペナルティー

検索エンジンのクローラーにスパム行為と見なされてしまうと、今まで上位表示されていたサイトでも大幅に順位を下げられてしまいます。この時もゆっくり順位が下がっていったり、急に順位を下げられたりとパターンがあるようです。

検索エンジンで順位を上げるためにやっていてもスパムをすると順位が下がってしまうのですね。しかし順位が下がるというのは、むしろ軽いペナルティーかもしれません。

それは、さらに重いペナルティーとして、検索エンジンからの削除ということもあります。これはドメインごと削除されたりページごとで削除されたりするようです。

どうでしょうスパムでのペナルティーがいかに重いか分かって頂けたでしょうか。

あなたのサイトも一度スパムが無いか見直して見ると良いでしょう。もし合った場合にはすぐに修正をするべきです。ドメインの削除なんてされてしまったら今までのリンクも全く意味の無いモノになってしまいますし、今までのお客さんもアクセスできない状態になってしまいますよ。

スパムの種類

ここでいくつかスパムの種類について見ていきましょう。

隠しテキスト・リンク
これはサイトの背景と同じ色でテキストを入れたりリンクをしたりしているモノです。サイトを使用していると気がつかないけど、実は、隠しテキストでキーワードを大量に入れていた何て事がないように気を付けましょう。
大量のキーワード
タイトルや見出し、テキスト部分などに不自然なほど大量にキーワードを入れる行為です。全く関係の無いキーワードを入れたり、関係があっても同じキーワードをタイトルなどに入れているとスパムになるようです。
meta
ソースのmetaの部分に同じキーワードを大量に入れたり、サイトの説明文の部分に関係のない文章を入れたりする。

この他にもスパム行為になると言われているものは非常に沢山あります。ほんの一部だけ紹介しましたが、色々と調べてみて自分のサイトがこのスパムになっていないかを確認しておきましょう。

そうしないとせっかくのSEOも意味のないモノになってしまいますよ。

ページTOPへ