スタートSEO

SEOの為のキーワード選び

サイトを製作する際に、どんなサイトを作ろうか・どんな商品を売ろうか・どんな情報を紹介しようかといった事を考えると思います。ブログにしてもどんなテーマでブログを書いていこうかということを考えますよね。実はここからSEOはスタートできるのです。

ここで重要になるのはキーワードを決めるということです。ではこのキーワードとはいったいどういったもので、どういった事をしていけばSEO的に良くなるのでしょう。

このページではSEOとキーワードについて紹介していきます。

キーワードとは

あなたが自分の欲しい情報を検索エンジンを使って検索する時を思い出して下さい。

例えば超美味しいラーメン屋を探しているなら、「ラーメン屋」「ラーメン屋、美味しい」といったように探したいモノに対してのキーワードを入れて検索するはずです。

そうです、この検索エンジンで検索する際のキーワードを決定・変更することもSEOなのです。

これはかなり重要な要素です。検索エンジンがあなたのサイトの評価をする以上に実際に検索される事を考えながら設定して行かなければなりません。

では実際にどうやってキーワードを決めていけば良いのか見ていきましょう。

キーワードの決め方

キーワードを決めるためには、まずあなた自身が運営しているサイトをじっくりと見てみましょう。毎日見ているという方もいるかと思いますが、以下の点に注意してもう一度確認してみて下さい。

  • 商品・サービスとの関連性
  • 検索しやすいか
  • 変換しやすいか
  • ビッグワードとスモールワード

では、それぞれを見ていきましょう。

商品・サービスとの関連性

キーワードを決める際には、やはり商品・サービスとの関連性は重要です。何の関係もないキーワードにしてしまっては、せっかくの商品が探せないばかりか、上位表示されても全く関係の無いモノが出てきてしまっては、一瞬でサイトから出ていってしまうのがオチです。

関係のあるキーワードを選ぶべきです。

検索しやすいか、変換しやすいか

次に検索しやすいか、変換しやすいかという事です。あなたのサイトのキーワードには、英語や変換しにくいモノが使われていたりしませんか?

これらは、商品やサービスを探したいけど探せないといった事になりかねません。一般的で検索しやすい言葉や文字に変更することで、だいぶ検索がしやすくなります。

ビッグワードとスモールワード

そしてビッグワードとスモールワードです。業者さんにSEOをお願いするときでも、ほとんどの場合がキーワードは1つでは無く2つ以上になるかと思います。

これは、一般的な「パソコン」「車」といったよく検索されるキーワードでは、大企業が予算をかけて対策しているばかりか、そのキーワードに対するライバルも星の数ほどいて、昨日今日SEOをスタートしたばかりの人では、とうてい上位表示は無理だからです。

この条件に当てはまるように、キーワードを決めます。

ビッグワードに一般的なモノを選んで、スモールワードにはそれに関連して一緒に検索しそうなモノを選んだりすると良いかと思います。そうやっていくつか候補に上げたキーワードをチェックツールなどを使ってどのくらい検索されているかと、どのくらいのサイトがあるのかも調べます。

理想は、検索が多くてサイトが少ないキーワードを見つける事です。

ページTOPへ